CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

CUBE BUILDING

ヘーベルハウスでの家づくり記録(2006年12月10日完成)と
夫婦とうさぎの気ままな日々日記。
OTTOとTSUMAがちょこちょこ発信しています。
<< 美味しいスイーツ | main | たまごぷりん?? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
豊田展示場
土曜日(7/21)、豊田と瀬戸に出かける用事があったので、一度行ってみたいなぁと思っていた豊田展示場へ寄ることにしました。インテリアなどの参考に。雨上がりだったので、人も少なく展示場自体がとても静かでした。



このモデルハウスは、ほんの数ヶ月前に出来たモデルハウスだそうです!!本当にとってもかっこいいモデルハウスでした。今まで見たモデルハウスの中でもお気に入り度は1・2を争います(僕ら夫婦の中でですが。笑)

中に入ると、若いスラッとした男性の営業さんが接客をしてくれました。(お名前を聞くのを忘れてました)もうヘーベルハウスを建ててしまっている身としては、とても心苦しかったのですが、とても親切丁寧に案内して頂くことができました。知識もとてもしっかりしていて、質問にも非常に詳しく答えてくれました。
僕がカメラで写真を撮らせてもらっていても「いいカメラですねぇ〜」「音が素敵ですね」と褒めてもらっちゃって、僕の中ではぐぐぐぐぐ〜っと好感度さらにアップ!!この営業さんはオススメです!!(笑)


とりあえず撮った写真をいくつか。


トヨタ01
インテリアの雰囲気が好みでした。
床はもちろん無垢材。

トヨタ02
キッチンは松下の最上級だそうです。

トヨタ11
写真右手前にソファスペースが作りつけられていました。
TSUMAのお気に入り。

トヨタ03
1Fの寝室。

トヨタ05
僕が特に気に入ったのは和室。
和風のタイルを上品に使ってありました。このタイルいいなぁ。

トヨタ06
2方向から入ることができ、小さいほうの入り口はまるで茶室のようでした。

トヨタ07
2Fへの階段は開放感がすごかったです。
このパネルがすっごく高いらしいです。

トヨタ10
サンルーム?がありました。
白い床のタイルってやっぱりカッコイイですね。

トヨタ08
2Fの子世帯の寝室。
ベットの枕元の間接照明が効いてますね。ここには薄い大理石の板が乗せてあって、光を柔らかくしています。すごーい。

トヨタ09
シャンデリアもアリだなぁと思っちゃいました(笑)


もっともっと見どころがいっぱいあるんですが、ちゃんと撮れてた写真はこれぐらい。1Fの書斎というか書庫というか、2段ぐらい下がったスペースがあるのですが、そこがすごくイイ!!
間取りやインテリアなどを検討中にこのモデルハウスを見てたら、我が家に採用してみたいアイデアなどもあったかも〜(もちろん特注ですが。涙)1階のインテリアの色味がとても好みでした。やっぱりこげ茶色が落ち着くのです。


規模が大きすぎて現実味はあまりありませんが(笑)このモデルハウスは、また行ってみたいなぁと思いました。

ここにはもう一つヘーベルハウスが建っているんですが、この日は時間が無くて見学しませんでした。残念。





| ヘーベル日記 | 12:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:10 | - | - |
ほんとだ、OTTOさんの好きそうなテイストですね。
というか、IAさんがOTTOさんのおうちを担当された方で、OTTOさん邸を参考にしてたりして〜!(真剣)

無垢の床材の色がめちゃくちゃ素敵。
あちこちの造作もいいですよね。
「で、建築費はいくら?」って聞きたくなっちゃいますね。(^。^;)
| nano | 2007/07/28 3:00 PM |
nanoさん

こんにちは。
はい、焦げ茶好きです(笑)営業所が違うのでIAさんは別の方じゃないでしょうかね。我が家のIAさんはどこかの展示場のインテリア担当されてるのかなぁ?
無垢の床ってやっぱりいいですよね〜。展示場にいる間「いいなぁ」の連発でした。
| OTTO | 2007/07/29 1:03 PM |









http://hebelcubic.jugem.jp/trackback/135