CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

CUBE BUILDING

ヘーベルハウスでの家づくり記録(2006年12月10日完成)と
夫婦とうさぎの気ままな日々日記。
OTTOとTSUMAがちょこちょこ発信しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
照明のお話―照明器具編
こんにちは。TSUMAです。

前回はリビングの照明をLEDに替えるためにスイッチを変更したお話をしました。
今回は、変更したLED電球と照明器具についてのお話です。




まずはダウンライト。電球を替えるだけです。
今まではミニクリプトン電球を使用していました。数百円の安価なものです。
これを小型電球タイプのLED電球に替えれば・・・、と安易に考えてたのですが、うちのダウンライトは断熱材使用器具、電球斜め取付タイプなので専用の電球がいります。パナソニックさんにも確認して適合電球を教えてもらいました。

選んだのはPanasonic LED電球 6.4W (電球色相当) LDA6LHE17BHSです。電球色で440lm(40w相当)です。
これを購入したのは2012年の8月でしたが、当時定価では5000円くらい。、ネットでさえ3200円だったので6灯のうち3灯分しか買えず・・・。1年後、2000円切りましたので3灯分追加し、ダウンライトは完了。







次にスポットライトのレフ球。これも電球を替えるだけ・・・なのですが。
LEDレフ球の機能よりも形が問題です。

うちのスポットライトは小泉道具店の「KMスポット」です。(KMスポットの記事はこちら
電球むき出しのデザインですので、電球の形がスポットライト全体の形に影響してきます。

レフ球ってころんとしていて形がかわいいのでとても好きです。
でもLEDのレフ球を見てみるとなんだか思ってたのと違う・・・。外側に筋がついていたり、ちょっとメカっぽい。
KMスポットはちょっと素朴な温かみがあるデザインなので、これに合うレフ球を探すのに苦労しました。

変更後がこちらです。



オーム電機 レフ型球 440lm 電球色 LDR6L-H-9です。
側面のシルバーの部分がなくなっちゃいましたけど、白色なので気に入っています。









最後に一番苦労したリビング部分のペンダントです。ここは電球だけではなく、照明器具から検討し直しです。

下の写真をみてもらうとわかるのですが、ちゃぶ台生活をしていたころ、割と低い位置までペンダントを2灯下げていました。

旧リビング

子供が生まれたので模様替えを繰り返すうちに、このペンダントは危ないのではずしてしまいました。天井の丸型引っかけシーリング2個はそのままにしておき、何も照明器具を付けていませんでした。家具の配置も変わったので今回はペンダント以外でLED用の照明器具を探さなくてはいけません。

私たちは次の条件で照明器具を探しました。
 ・引っかけシーリングタイプであること(照明器具の直付け工事はしたくありません)
 ・器具の直径は200mm以内(引掛シーリングが30cmピッチで2個ついているため)
 ・光量が十分であること
 ・2灯付けがなるべくかっこいいもの
 ・ペンダント照明はNG(下にテーブルなどを置かないので、頭にぶつかってしまいます)


いろいろな照明メーカーさんのカタログを取り寄せて検討したんですけど、なかなかないんですよ。まず、引掛けシーリングを使う小型照明ということで、かなり絞られます。そういうタイプって玄関灯、トイレ灯みたいなものが多いんです・・・。径は小さくてもけっこう高さがあります。ちょっとイメージが違います・・・。


でも、


1つだけあったんです。


東芝 LEDシーリングダウンライト 引掛シーリング形 透過シェードタイプ

この照明も玄関や廊下、洗面所など、割と小さな空間に使用している方が多い様ですが、デザインがとてもすっきりしています。直径130mm、高さは80mmしかないのが魅力です。(直付けタイプならさらに薄く68mm)

不透過シェードタイプで中角のライトを使用すれば、スポット的な光を演出します。キッチンやダイニングの上に3灯一列に並べるとか、リビングの上に4灯スクエアにならべるとか、いろいろできそうです。とても可能性のある照明器具だと思いました。
私も不透過タイプか、透過タイプかでとても迷いました。不透過、かっこいいなぁ・・・。今でも思います。
でもまだ子供も小さいですし、明るさ重視で透過シェードに。乳白なのでふわっと光が天井に広がりこれはこれでいい感じです。
ちなみに器具自体は1つ2800円くらいですが、別売りでLEDユニットランプがいります。(LEDユニットフラット形700シリーズ 電球色 広角 LDF9L-WGX53)3000円くらいです。明るさも色も選べます。





全体的にはこんな感じになりました。(画像には写っていませんが手前側にダウンライトが3灯あります)

我が家のLED移行計画は 2012年の夏からはじめて、2013年の年末にやっとこのかたちにまとまりました。
今年の夏は少しは快適になるかな?電気代下がるかな?
ちょっと期待しています。
| インテリア | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
キッチンのスポット
キッチンのカウンター上のダクト用スポットは、ぎりぎりまで迷いたかったので、へーベルさんに頼んでいませんでした。

松下電工の不易照明が候補にも上がっていましたが、もうすこしやわらかいイメージがいいなということで、こちらに決定。
こいずみ道具店 KMスポット
こいずみ道具店 KMスポット


ちなみに松下さんのはこんな感じです。
松下 不易照明


そんなに変わらないじゃないって声が聞こえてきそうな・・・。
一つ決定的に違うのは、ボディが磁器でできていることです。ここが気に入ってるんです。けっこうかわいいんですよ。

| インテリア | 15:32 | comments(3) | trackbacks(0) |